ミュゲ・すずらんの日に贈るアロマキャンドルおすすめ

皆さんは5月のイベント事には母の日の他に、すずらんの日というのがあるのはご存知でしょうか?
フランスでは5月1日はすずらんの日と称され、大好きな人に日頃の感謝と愛を込めてすずらんの花を贈るという素敵な風習があります!今回は、すずらんの日の由来についてとおすすめのアロマキャンドルをご紹介します。

ミュゲ・すずらんの日とは

 

すずらんの日の始まりは1561年

フランス語で、すずらんはミュゲということからこの日、5月1日はミュゲの日とも呼ばれています。1560年フランス、後の王となるシャルル9世はすずらんの花を贈られとても喜びました。そして翌年の1561年フランスで当時以前から「愛の日」とされていた5月1日に、宮廷の女性たちへすずらんの花を贈りました。「もらうと幸福が訪れる」と言われているすずらんの花を贈ることで宮廷の女性たちへ愛と感謝の気持ちを伝えたのです。
これをきっかけにフランスでは毎年5月1日にすずらんの花を贈るという風習ができたことが伝統の由来と言われています。

三大フローラルノート

すずらんの香りは、バラの香りジャスミンの香りと並んで「三大フローラルノート」として世界的にも知られています。有名なデザイナー、クリスチャン・ディオールもすずらん香りの香水作りには生涯を費やしたそうです。

すずらんの花言葉

すずらんの花言葉には、再び幸せが訪れる、愛らしさ、優しさ、純粋などがあります。もらうと幸せなことが訪れるといった伝統でロマンティックなフランスの人々がこよなく愛してやまないのも納得できますね。

すずらんの日に贈るアロマキャンドル

すずらんの香りのアロマキャンドルは意外にも珍しく希少です。海外ブランドでは香水などすずらんの香りの製品を取り扱っている有名なブランドが多くありますね。

もらうと幸福が訪れるというすずらんの香りを用いたアロマキャンドルは、女性にも男性にも喜ばれるプレゼントにぴったりのアイテムの一つです。アロマキャンドルの使い方があまりよくわからないという方は、こちらの記事をご参照ください。

アロマキャンドルの正しい使い方

ミュゲの日に贈るアロマキャンドル人気海外ブランド3選

Flowerstalk London フラワーストーク ロンドン アロマキャンドル・スズラン

イギリス老舗花屋フラワーストーク ロンドン 花のプロフェッショナルが厳選したすずらんの香りをキャンドルに凝縮。上品で優しい香りはアロマの本場イギリスで長年の研究と開発を試みた創業者マーク・フェルドシアンの想いのつまった奥深い作品です。
日本に登場したばかりの最新人気イギリスブランド。
フラワーストーク ロンドン シグネチャーラグジュアリーキャンドル
【香り】スズラン
【容量】275g
【燃焼時間】約45時間
【生産国】イギリス

SKANDINAVISK センテッドキャンドル SKOG (FOREST)

SKANDINAVISK センテッドキャンドル SKOG (FOREST)
【香り】スウェーデン語、ノルウェー語で「森」を表し、「落ち着いた北欧の森」をテーマにした深みのある香り(エゾマツ、モミノキ、スズラン)
【容量】190g
【燃焼時間】約45時間
【生産国】フランス 【デザイン】デンマーク

Lemongrass Tea aroma candle レモングラスティーアロマキャンドル

大人気のアロマキャンドルにレモングラスティーの香りが新登場!レモングラスとグリーンティーの爽やかな香りのアロマオイルを使用したアロマキャンドルです。
【香り】ブレンド:緑茶、レモングラス、シダー、スズラン、ジャスミン、ホワイトムスク
【容量】215g 
【燃焼時間】約55時間
【原産国】アメリカ

Flowerstalk London紹介

ここでは、創業26年を超えるイギリス老舗花屋 Flowerstalk London(フラワーストーク ロンドン)が手掛ける素材にこだわったアロマキャンドルを少しご紹介します。

ロンドン花屋フラワーストーク の写真

1993年イギリスのロンドンにフラワーショップとして創業。現在も多くの人に親しまれる老舗花屋フラワーストーク ロンドン。

イギリス・ロンドンで人気の花屋フラワーストークロンドン本店では、ヨーロッパ各地から集まったプロのフローリスト達がイギリスらしい独自のスタイルのフラワーデザインを手掛けています。創業者のマーク・フェルドシアンはヨーロッパの花とその香りをこよなく愛し、長年の試行錯誤を経て香りと素材にこだわった自社ブランドのアロマキャンドルをプロデュースしました。

Flowerstalk英国製アロマキャンドル

Signature Luxury Candles/ Lily of the valley
いたずらなアロマと時を超越した純潔な香りを。
Flowerstalk of London シグネチャーラグジュアリーキャンドル スズラン イギリス製
燃焼時間:約45時間 内容量:275g

すずらんの香り
フレッシュで繊細な自然の森の美しさ、色褪せない優しいフレグランスは露に濡れた草花と春の陽気な気分を呼び覚ます。ヨーロッパでは幸運を運ぶ花として結婚式のブーケに使われることの多いすずらん。すずらんの香りはバラ、ジャスミンと並んで三代フローラルとされています。

花言葉:意識しない美しさ 純粋 純潔 幸福が訪れる

有名なデザイナー、クリスチャン・ディオールが生涯をかけて追求し続けたと言われているすずらんの香りは、現在も香水やキャンドルとして世に多く親しまれています。すずらんの香りの製品をプロデュースするそれぞれのブランドの製品により香りに大きく違いがあるのは、実はすずらんは特異な花でありすずらんの花本来が持つ天然の香りを精油としてありのまま抽出することができないという特性があるからです。
そう言った理由から、精油の存在しないすずらんのアロマは世界中の研究者たちを魅了し、現在に至ってもそれぞれのブランドとその香りの開発者の思いが詰まった特別なアロマと言えるでしょう。

Flowerstalk of London 創業者であるマーク・フェルドシアンが選んだすずらんの香りは、優しく透き通った心地よい香りで、甘すぎず上品なイギリスらしい気品のある大人の香りに仕上がりました。すずらんのアロマキャンドルは、多数のアロマキャンドルを手がける彼が中でも最も愛している香りの一つです。

フラワーストーク ロンドンのアロマキャンドルは、世界的に有名なイギリスのキャンドルメーカーであるパークス(ロンドン)と並び、素材にこだわり上質なアロマを使用した高品質の製品です。

イギリスならではの独特なフラワーデザインに加えて、花の香りに特化したアロマキャンドル等の独自ブランド製品を手掛ける老舗花屋フラワーストーク ロンドン。日本ではウェブ販売に加え、百貨店での催事出店や期間限定ショップなどで不定期に出店しています。

まとめ

5月1日にはすずらんを、そして母の日の贈り物としても時期的にぴったりなので、今回はアロマキャンドル・すずらんの香りをおすすめしました。もらうと幸せなことが起こる幸福の花、すずらん。

大切な人へ愛と感謝の気持ちを込めて、5月にはすずらんの花を贈りましょう!

 

Flowerstalk London 英国製アロマキャンドルはFlowerstalk London公式ショッピングサイトよりお求めいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました